ミシン

初めてミシンを使ったのは、家にあった母の足踏み式ミシンでした
今思うと黒くて模様入った本体が綺麗でした。
大切にカバーがかけられていて使うときは木製のテーブルを広げて格納した本体を持ち上げてセットし、
革製のベルトをつなげてからでした。
足踏み式ミシンのカタコトいう音は何とも言えず良い音でした。
初めて自分のベッドを買った時はベッドカバーを、初めてのマイカーにはシートカバーを、必死で作りました♪
直線縫いだけの足踏み式ミシン、ずいぶんお世話になりました。

こちらが「私のミシン」です
画像

嫁入り道具にと母が買ってくれたミシンなのでなんと今年で祝29年
嫁でなくなっても私の味方でいてくれます

最近NHKで「情熱のシーラ」というドラマを放送しています。
スペインやモロッコを舞台に女性が人生の苦難を乗り越えていく内容なのですが
母親ゆずりの裁縫の技術が大きな武器になるのでミシンをかけるシーンが多く出てきて
なんだか私までミシンをかけたくなってしまいました。

お盆休みはない職場なので、今日から2日だけお休みを別にとって3連休にしました。
日曜日押入れから久しぶりにミシンを出しました♪

「放っておいてごめんなさいね、ミシンさん」綺麗に拭いてさしあげましょうね
まずは試し縫い。直線縫い、ジグザグ縫い、ボタンホール縫い、全部きちんと縫えています♪

一か所だけ気になりますね。
ボビンの下糸巻が回転しなくなっていますね。。。一度点検してもらうのが良いでしょう。
画像


おまけに私のお裁縫箱の紹介です♪
一番小さい缶にはミシン専用の小物が入っています。ミシンケースに内蔵させています。
中ぐらいの缶には、簡単な裁縫道具。ボタン付けやほつれ直しでちょっとの針仕事用です。
画像


息子達が幼い頃は裁縫道具を出すのはためらいました。危険な物ばかりだからです。
最小限の道具だけで数もチェックして、床に落としていないか、、など神経を使ったものです。

手作りは楽しいから、これからもこれらの道具を大切にしながら続けていけたら幸せです♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック